風営法というものを知ろう

働く前に知っておきたい、風営法って何?

>

実際に風営法は守られているのか

本当に守られているのか

立派な法律の一つである風営法ですが、本当に守られているのでしょうか。

正直な話、きちんと守られているかどうかで言うと、非常にあいまいな状態になっています。

例を一つ上げますと、店側の責任者や従業員が店舗で働いている女性が、実は18歳未満であるというのをわかっているのに、お客さんには成人だと偽って接客させていたというパターンがあります。
また、その逆として18歳未満の少女(中学生や高校生など)が、「現在20歳です」とか「大学を卒業したばかりです」などと年齢詐称をして、店舗で働くというケースも結構あります。
さらにお客さんの中には、18歳未満なのに同じく年齢詐称をして店舗に入店する少年たちもいます。

この三つの場合は、一つ目は店側が悪く残り二つは少年少女側が悪いのですが、罰せられるのはどちらも主に店側となってしまいます。
なので、店側が気をつけていても相手が守ってないという現状もあるのです。

こういった例もある

ここ数年、増加していきもはや定着しつつある、とある店舗があります。

それは、俗に言うメイド喫茶やコスプレ喫茶という店舗です。
実はこういった店舗も風営法が関係してくるのです。

これらの店舗は、例えば普通の喫茶店と同様のサービスを行っているのであれば、風営法の対象にはなりません。
しかし、店舗の形態や接客時のサービス内容によっては、届け出が必要になります。
なので、もし風営法の対象でありきちんと申請が通っている店舗ならば、他の店舗同様に18歳未満は入店も接客も出来ません。

ちなみに、風営法の対象の店舗と対象ではない店舗を見分けるポイントがあります。
それは、入り口の張り紙です。
しかもなぜか、対象ではない店舗の方が張り紙をしているパターンが多いです。


この記事をシェアする